DSCF3524
待ちに待ったムギの公開日
・・・には間に合わずでしたが
ムギに会いたくて走っていったわけで


DSCF3526
2号舎へ来る前にはどうしてもゆーりーとナミさんをたっぷりチェックして
それから竹林を抜けてライチルルソラハオモカに挨拶しつつ
ムギくんはじめまして!
こちらが気になるのかちらちらと網に手をかけにくる


DSCF3566
ものすごく見てくるムギ
こういう顔をしていたんだねえ
まだどこかあどけなさもうっすら残るとてもカッコイイムギくんです
このときは少し緊張しているようにも感じました
ムギは1歳で生まれ故郷の京都を離れ遥々市川まで来てくれた
詳しいことはわかりませんが繁殖のための移動としても時期が早め
しかしそれは早く慣れてもらいゆくゆくは繁殖の柱として
今後を期待されているといえるのかもしれない


DSCF3650
ムギ「京都のみんなー、ボクがんばるぞー!」

この若いムギくんをこれから応援していきたい
とにかく元気な姿をみせてくれてありがとうね


DSCF3665
ムギの居る2号舎は網に囲まれているため撮影すると網が写り込みます
でもそんなの大した問題ではないね
これからいろいろな表情を見せてくれるはず

そんなムギにリンゴのおやつが来ました
DSCF3893
担当さんはムギが来るのをじっくりと待ちます
ムギはやや緊張ぎみ
上から様子をみつつリンゴもチェック
ゆっくり近づきながらリンゴをもらうのでした


DSCF3903
ここで気がついたことが一つ
ムギって手がでかいな!


DSCF3927
やや緊張感は残しつつも体は担当さんへ預けるムギ
もうここまで出来るんだね
京都ではどうだったのか気になるけれど
市川にも早く慣れてもらいたい
担当さんも毎日ムギとの距離を縮める努力をされているそうです


DSCF3930
担「お、今日はいいね」
ム「気安く触るなよな~、リンゴうまうま」



DSCF3933
担「つんつん出来る」
ム「簡単に触るなよな、リンゴうま~」


お聞きしたところムギくんは京都からの移動後に少し疲れがみられたそうです
ムギのペースでゆっくりと調整していたんだなあ
京都時代にはとても多くのファンがいたというムギ
古都母さんと一緒のところもそれはかわいいものだったでしょう
移動先や現状を心配される方々も多いと思いますが
ムギは元気に過ごしています
必ず立派な市川ムギとなってくれることでしょう